So-net無料ブログ作成
検索選択

ニュース気になるワード

最新のニュースや気になるワードを調べて解説していきます

 

ドワンゴと角川が経営統合 理由は?なぜ? [経済]

ドワンゴ角川(KADOKAWA)経営統合するみたいです。




動画配信のドワンゴ出版大手の角川が経営統合する理由は何なんでしょうかね?



ドワンゴとはDial-up Wide Area Network Gaming Operationの頭文字をとって名付けたもの。


元々アメリカのInteractive Visual Systems(IVS)社が運営していたオンラインゲームの名前であって、それを譲り受けた。



1997年に川上量生と、ゲーム作成団体のBio_100%のメンバーが中心となって設立されたもののようです。
2.jpg

その後、2003年にマザーズ上場。


さらには勢いに乗り2004年には東証1部に上場するまでに成長しています。


2005年にはゲーム会社のチュンソフトとスパイクを子会社化。


同じ年に、麻生泰(麻生太郎の弟)の長男・麻生巌氏が社外取締役に就任。
3.jpg

2006年にはエイベックスと業務提携・資本提携の関係になり、ドワンゴはエイベックスの筆頭株主になる。

2007年、子会社のニワンゴがニコニコ動画を開始する。


2010年、角川グループと包括的業務提携を発表。角川のもつ有力なコンテンツをニコニコ動画で配信することに。


その後2011年には角川グループとは資本提携を結ぶことになる。




こうやってドワンゴは時流に乗って、一気に成長してきたわけですけど、角川とは以前から、経営面でのかかわりがあったようですね。



そこでより事業面で一体化しようとしてドワンゴと角川の経営統合ということになったんでしょうね。




ちなみに今現在のドワンゴの時価総額は約1100億円


ドワンゴの株価2800円前後です。



この経営統合の話を受けて、かなり株価が上がっているようですね。





まあドワンゴにしてみたら角川の持つ優良なコンテンツはこれから非常に役に立つだろうしね。




ちなみに角川KADOKAWAの時価総額は約1000億円


KADOKAWAの株価は3400円


こちらも前日と比べて大きく値を上げてます。



両方にとってかなりプラスの話なんですね。




会社の時価総額から言ってもほぼ同じくらいですから、対等な条件での経営統合になるのかな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。